作用機序

デシコビ配合錠は、核酸系逆転写酵素阻害薬であるエムトリシタビン及びテノホビル アラフェナミドフマル酸塩の2成分を含有する配合錠です。
各薬剤の作用機序を以下に示します。

エムトリシタビン

エムトリシタビンは、シチジンの合成ヌクレオシド誘導体であり、細胞内酵素によりリン酸化されエムトリシタビン5’-三リン酸となります(1)。エムトリシタビン5’-三リン酸はHIV-1逆転写酵素の基質であるデオキシシチジン5’-三リン酸と競合すること及び新生ウイルスDNAに取り込まれた後にDNA鎖伸長を停止させることにより、HIV-1逆転写酵素の活性を阻害します(2)。エムトリシタビン5’-三リン酸のHIV-1逆転写酵素に対する阻害定数(Ki値)は0.17μMであるのに対し、ヒトのDNAポリメラーゼα、β、ε及びミトコンドリアDNAポリメラーゼγに対するKi値は、それぞれ6.0μM、17.0μM、150μM及び6.0μMとなり、これらに対するエムトリシタビン5’-三リン酸の阻害作用は弱いことが示されています(3)

テノホビル アラフェナミド

テノホビル アラフェナミドは、テノホビルのホスホンアミド酸プロドラッグ(2’-デオキシアデノシン一リン酸誘導体)です。テノホビル アラフェナミドは、血漿中の安定性が高く、細胞内透過性を有し、末梢血単核細胞及びマクロファージ中のカテプシンAにより加水分解を受けて細胞内にテノホビルを送達します。その後、細胞内酵素によりリン酸化を受け、テノホビル二リン酸となります(4)。テノホビル二リン酸は、HIV-1逆転写酵素の基質であるデオキシアデノシン5’-三リン酸と競合すること及びDNAに取り込まれた後にDNA鎖伸長を停止させることにより、HIV-1逆転写酵素の活性を阻害します。テノホビル二リン酸のHIV-1逆転写酵素に対するKi値は0.21μMであるのに対し、ヒトのDNAポリメラーゼα、β及びミトコンドリアDNAポリメラーゼγに対するKi値は、それぞれ5.2μM、81.7μM及び59.5μMとなり、これらに対するテノホビル二リン酸の阻害作用は弱いことが示されています(5)

(1)Paff M.T. et al. : Antimicrob Agents Chemother. 38(6):1230-1238, 1994.
(2)Feng J.Y. et al. : FASEB J. 13(12) : 1511-1517, 1999.
(3)George R.P. et al.:Drugs Future. 2(08):761-765, 1995.
(4)Robbins B.L. et al. : Antimicrob Agents Chemother. 42(3):612-617, 1998.
(5)Cihlar T. et al. : Antivir Chem Chemother. 8(3):87-195, 1997.

デシコビ®配合錠